北と南―国家に翻弄された二人の男の葛藤と絆を描いた感動のドラマ

ストーリー&キャスティング

実力派俳優を起用

極秘裏に韓国に潜入した北朝鮮の工作員であるソン・ジウォン(カン・ドンウォン)とコードネーム「影」と呼ばれる暗殺者(チョン・グックァン)と共に国家の裏切り者である脱北者の暗殺指令を受ける。

ソウル市内で作戦を成し遂げた彼らだったが、北の工作活動の情報を掴んだ韓国の国家情報員であるイ・ハンギュ(ソン・ガンホ)らに包囲されてしまう。

銃撃戦の末、ジウォンは何とか包囲網を突破するが、現場に韓国の情報院が現われたことで、情報を事前に韓国側へ漏らした「背信者」の烙印を押されてしまう。
国家から捨てられたジウォンは、北と南の双方から逃れなければならない孤独な逃亡生活を余儀なくされる。

一方のハンギュも銃撃戦の際に多くの死傷者を出したうえに、工作員を逃した責任は逃れられず、組織を免職され、妻にも三行半を突きつけられてしまうのだった。

事件から6年―。ハンギュは探偵まがいの仕事を稼業としており、夫を捨てて家を出た妻や外国人花嫁を探す毎日を送っていた。そんなある日、ハンギュは6年前の銃撃戦で自分が取り逃がした北の工作員・ジウォンと偶然出くわす。彼は組織の追跡をかわすため、潜伏生活のなかで、パク・ギジュンという偽名を使っていた。二人は互いの顔をすぐに認識したが、そのことはおくびにもださない。そして、双方とも自らが属していた組織を追われたという事実は知らなかった。

高額な報酬、住居の提供などハンギュの熱心な誘いで、一緒に仕事をするようになったジウォン。しかし、ジウォンが国家の裏切り者となっていることを知らないハンギュには、ジウォンの人脈を辿って北朝鮮のスパイ網を突き止め、懸賞金を得るという隠された狙いがあったのだ。二人の共同生活は順調で、仕事も軌道に乗り始めたある日、ジウォンはハンギュを尾行し、彼が情報院をクビになったことを知る。一方、ハンギュはジウォンが党に見捨てられ、母国にも帰れず、家族を脱北させる金が必要だったと知る。

互いの実情を知った二人の警戒心は徐々に薄れていき、互いを友として男として認めあうようになっていく。その頃、彼らの運命を左右する暗殺者「影」が再び北からやって来て、ジウォンとの接触を図ろうとする―。

イデオロギーの違いによって同じ民族でありながら南北に分かれて対立を余儀なくされた二つの国家。その国家に捨てられた元工作員と元国家情報員の宿命の対決、そして二人の間に芽生えた深い絆を描いた本作は、韓国で550万人以上の動員を記録した。組織を追われた国家情報員のイ・ハンギュを韓国が誇る名優ソン・ガンホが演じ、彼と因縁を結ぶ工作員のソン・ジウォンには、その存在感が作品ごとに増しているカン・ドンウォンを起用。

「映画は映画だ」でデビューを飾ったチャン・フンが監督としてメガホンを取り、国を超えた男同士の熱き友情を、迫力のあるアクション、洗練されたセリフ、時にはユーモアを交えて、表現している。宿敵でありながら徐々に絆が深まっていく2人の姿は、二分された国家の悲しい運命を受け止め、未来への希望を託しているかのようだ。

Copyright© 2011 義兄弟のファンサイト